radikoが録音できなくなったんで対策

Posted on 2010/04/07 (水) 23:05
Filed Under foltia | Leave a Comment | TrackBack | ̃Gg͂ĂȃubN}[Nɒlj Share on Tumblr

radikoがffmpegによるストリーミング受信をブロックした感じなんで、rtmpdumpに録音方法を切り換えたfoltiaをとりあえずリリース。

チェンジセット 99 - foltia - Trac

お知らせ|radiko.jp

#つくりかけだった110度CS録画用digitaltvrecording.plも一緒に上げてしまった…
AT-Xしかまだ録画テストしてないのだけど。

ようやくfoltiaでradiko録音を

Posted on 2010/04/03 (土) 0:30
Filed Under foltia | Leave a Comment | TrackBack | ̃Gg͂ĂȃubN}[Nɒlj Share on Tumblr

foltia

foltiaをアップデートしてradiko録音機能を仮搭載した。

あいかわらずこの問題「radikoを録音してPodcastしようとしたらM4Aを認識せずにハマる :宗子時空」は未解決なままiTunesやQuickTimeやiPodではまだ再生できないんだけどひとまずiPhoneではAAC再生できるんでとりあえず版と言うことで。

アップデート方法ははこちら。

・DB更新
[関東編]

update foltia_station set stationrecch = -2 ,tunertype = "QRR" where stationname = "文化放送(1134)" ;
update foltia_station set stationrecch = -2 ,tunertype = "FMT" where stationname = "TOKYO FM" ;
update foltia_station set stationrecch = -2 ,tunertype = "LFR" where stationname = "ニッポン放送(1242)" ;
update foltia_station set stationrecch = -2 ,tunertype = "TBS" where stationname = "TBSラジオ(954)" ;

[大阪編]

update foltia_station set stationrecch = -2 ,tunertype = "OBC" where stationname = "ラジオ大阪(1314)" ;
update foltia_station set stationrecch = -2 ,tunertype = "MBS" where stationname = "MBSラジオ(1179)" ;
update foltia_station set stationrecch = -2 ,tunertype = "ABC" where stationname = "ABCラジオ(1008)" ;

・録音用ffmpeg
radikoをフラッシュ無しで再生 - 暇つぶし文@謎」のパッチあてたffmpegを~/perl/tool/にインストール。

これでradikoでアニラジが録音できて、録音本編はAAC、トラコンしてオーディオトラックだけのMP4(M4A)になる予定。
MP4のプロファイルはQuickTimeが認識するように書き換えちゃっていいらしいのだけど具体的にどうやって書き換えればいいのか模索中。

というか、だれか、Mの世界とかいたずら黒うさぎとか天使のたまごとかしょぼいカレンダーに登録してっ!

radikoを録音してPodcastしようとしたらM4Aを認識せずにハマる

Posted on 2010/03/28 (日) 18:31
Filed Under foltia | Leave a Comment | TrackBack | ̃Gg͂ĂȃubN}[Nɒlj Share on Tumblr

radikoの高音質ラジオ放送をfoltiaで録音して好きなときに聞こう! :宗子時空」でのradikoの録音をfoltiaに実装していたところでハマった。

なにかというと、radikoのAACがHigh Quality Audio Profile @ Level 2 (0×0f)というやつだそうで、これをMPEG4コンテナに入れてもMacのQuickTimePlayer(10.0 90.3.1)とiTunesは再生できないのだった。(なぜかWindowsのQuickTimeは再生できた)

整理するとこんな感じ。

AAC M4A
iPhone ×
QuickTime(Mac) × ×
iTunes(Mac) × ×
QuickTime(Win) ×

再変換せずにAAC Profile @ Level 2 (0×29)に変換するにはどうしたらいいのだろうか。
ていうかプロファイルの変換とはそもそも再変換せずにとかありえない世界のもんなんだろうか?
困りましたなぁ。

追記:できた 「いつのまにかRadikoの録音PodcastがiPhoneで扱えるようになってた :宗子時空

radikoの高音質ラジオ放送をfoltiaで録音して好きなときに聞こう!

Posted on 2010/03/15 (月) 1:02
Filed Under foltia | 5 Comments | TrackBack | ̃Gg͂ĂȃubN}[Nɒlj Share on Tumblr

ラジオをほぼ100%サイマル配信する「radiko.jp」の挑戦 -AV Watch

関東・関西地区のAM/FM/短波ラジオ放送を、インターネットでサイマル配信する「IPサイマルラジオ」の実用化試験が3月15日から開始される。在京ラジオ7局と在阪ラジオ6局、電通が共同で設立したIPサイマルラジオ協議会が実施するもので、概要は既報の通り。

 関東地区ではTBSラジオや文化放送、ニッポン放送、TOKYO FMなど、関西地区ではABCラジオ、MBSラジオ、FM802など、合計13局がPC向け専用サイト「radiko.jp」にアクセスすれば、無料で聴取できるようになる。試験配信期間は3月 15日~8月31日までの予定で、半年後を目処に実用化が検討されている。

 配信地域は、通常のラジオの聴取エリアに限定されるが、PCがネットに接続されていれば楽しめるという手軽さが最大の特徴。同時に、公共放送であるラジオがネットでサイマル配信される事自体が“放送と通信”の今後にとっても大きな出来事となりそうだ。
(中略)
青木:私的録音は通常のラジオと同様に可能です。

これは、ついに高音質でラジオを聴ける時代がやってきた言うことだろうか!
と興奮してfoltia開発の総本山 irc #dameTunesで活発な議論が行われたところ、ひとまずLinuxで録音してAACにするところまで成功した。

まずrtmpdumpをインストール。
インストールは展開してmake posixでいけるはず。

そして録音コマンドはこれ。文化放送(JOQR)をjoqr.flvに録る例。

./rtmpdump -y "simul-stream" -n "radiko.smartstr
eam.ne.jp" -c 1935 -s "http://radiko.jp/player/player_0.0.9.swf" -p "http://radiko.jp/
player/player.html#QRR" -a "QRR/_defInst_" -f "WIN 10,0,45,2" -v -o joqr.flv

(#dameTunesでyuaaaが教えてくれた)

でそれを再エンコードすることなくAACにする例。かなり高速にできる。

ffmpeg -y -i joqr.flv -vn -acodec copy joqr.aac

というわけで録音が確認できたんで、iPhoneでの再生を確認したら近いうちにfoltiaに実装しようと思う。
foltiaに積まれればPodcastも自動でやってくれるしいつでも好きなときに聞けるし便利だもんね。

radikoよくやった!


追記1
パッチを当てたffmpegでもっとらくちんに録音
radikoをフラッシュ無しで再生 - 暇つぶし文@謎

追記2
foltia Tracに「radikoメモ」書いた。上のコマンドもコピペできるように表記直した。なんでハイフン二つ続けて書けないのだろうか?

foltia - SQLite対応へ

Posted on 2010/02/28 (日) 23:25
Filed Under foltia | 8 Comments | TrackBack | ̃Gg͂ĂȃubN}[Nɒlj Share on Tumblr

foltia

久しぶりにfoltiaのリポジトリを更新しました。
今回は主にチケット8で投稿していただいたSQLIte対応コードを元に反映させました。
あとffmpegなどのオプションをyumで降ってくるもので動くようにしたりなど細かいところを変更してるけど、機能的には変わってません。なんで、現状使ってる人はアップデートする必要はないです。PostgreSQLでも動きそうな気がするけど、まだまったくテストしてないのでいまポスグレで使ってるひとはこのビルドはまだ導入しないで下さい。

今後は新規インストールについてはラクチンなSQLiteを使うのがいいような気がします。採用文字コードはまだEUC-JPだけどUTF8に変更しようかどうしようか迷ってはいます。

まだマニュアルとか記載してないけれども、ラクチンになったインストールはこんな感じです。

・dagリポジトリを使えるように追加。 参考:「はじめての自宅サーバ構築 Fedora/CentOS - Windowsエミュレータ(wine)

・yumで必要なモジュールを追加

# yum -y install wine mplayer ImageMagick subversion git yasm perl-DBD-SQLite perl-DBD-Pg postgresql postgresql-devel php php-mbstring perl-CPAN sqlitemanager perl-DBI freeglut freeglut-devel zlib-devel libX11-devel libXt-devel

・MP4Boxインストール

$ wget http://downloads.sourceforge.net/gpac/gpac-0.4.5.tar.gz
$ tar xvzf gpac-0.4.5.tar.gz
$ cd gpac
$ sh ./configure –disable-wx
$ make lib
$ make apps
# make install
## /etc/ld.so.conf.d/local.conf に /usr/local/lib か /usr/local/lib64を追加して ldconfig

追記:「SE奮闘記: 【Linux】Gpac(MP4Box)のコンパイル→インストールメモ」をもとに修正いたしました。

・Perlモジュールインストール

#perl -MCPAN -e shell
install Time::HiRes
install Schedule::At
install Jcode

・NERO AACエンコーダインストール
Nero - Nero AAC コーデック

・x264インストール
(これ本当に必要なのだろうか?)

# git clone git://git.videolan.org/x264.git
./configure
make
sudo make install

・Apache httpd.confの設定変更

・User foltia
・Group foltia
・DocumentRoot "/home/foltia/php"
・AddDefaultCharset Off

・データベース作成

sqlite3 /home/foltia/foltia.sqlite < mktable.sqlite.txt

それと、前回書いたPT1ドライバインストールはだいぶ簡単になっているっぽい。
変更箇所はこんな感じ。

wget ftp://ftp.gnu.org/pub/gnu/autoconf/autoconf-2.65.tar.gz
wget ftp://ftp.gnu.org/pub/gnu/automake/automake-1.10.3.tar.bz2
[展開、configure,make,make install]

$wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/1ccbe20c4ce5.tar.bz2
$tar xvjf 1ccbe20c4ce5.tar.bz2
[ディレクトリ移動して]
$ ./autogen.sh
$ ./configure –enable-b25
$ make
# make install

追記:こちらのページが大変わかりやすい「CentOS 5.4にPT2を導入する。 - fujitaka’s lifelog

今後マニュアルも更新していく予定…

最近のmplayerで動画のキャプチャ一覧を作る方法

Posted on 2010/01/03 (日) 21:18
Filed Under foltia | 1 Comment | TrackBack | ̃Gg͂ĂȃubN}[Nɒlj Share on Tumblr

foltiaにはこんなふうに録画番組のキャプチャを作る機能がある。

スタブレ

いままではこんなコマンドで-sstepオプションを使い9秒に一枚のキャプチャ画像を作っていたんだけど、最近のmplayerには-sstepオプションがなくなっているようで困った。

mplayer -ss 00:00:10 -vo jpeg:outdir=/home/foltia/php/tv/1756.localized/img/1756-12-20100102-0230/ -vf scale=192:108 -ao null -sstep 9 /home/foltia/php/tv/1756-12-20100102-0230.m2t

似たような機能を実現するために-vf framestepオプションがあるようなので試しに使ってみた。

mplayer -ss 00:00:10 -vo jpeg:outdir=/home/foltia/php/tv/1756.localized/img/1756-12-20100102-0230/ -vf framestep=300step,scale=192:108 -ao null /home/foltia/php/tv/1756-12-20100102-0230.m2t

結果的には似たような生成結果となったが、処理時間が違いすぎた。
今までは30分番組で生成時間が1分ぐらいだったのが、ビデオフィルタで実現すると30分ぐらいかかってしまった。

どうしたらいいものか。

foltiaでワンセグトラコン動画を使う

Posted on 2009/12/12 (土) 23:39
Filed Under foltia | 2 Comments | TrackBack | ̃Gg͂ĂȃubN}[Nɒlj Share on Tumblr

foltiaHDはiPhone用のH.264 MP4を作成するのに大変なCPUパワーを使ってたんで、最近はやりの省電力コンパクトのATOM PCを使うのが難しかった。

例えばこういうの。
M350-945GSE Fanless Eco Silent M350-945GSE Fanless Eco Silent OLIOSPEC.COM

地デジ録画機能(PT2)付き大容量省スペース省電力の最強NAS - Do I like programming?

というわけで、画質は大きく下がるけどワンセグストリームをトラコン無しでiPhoneで再生出来るか試してみた。

まず録画したTSからワンセグを取り出す。

wine ./TsSplitter.exe -EIT -ECM -EMM -OUT ./ -HD -SD -WAIT2 27ch-60sec.m2t

もちろんこのMPEG-TSは再生できなかった。

なんで、ここから映像と音声を取り出してMPEG-4コンテナに入れ直してみる。

$mencoder -nosound -ovc copy -o 27ch-60sec_1SEG.264 27ch-60sec_1SEG.m2t -of rawvideo
$ffmpeg -i 27ch-60sec_1SEG.m2t -acodec copy 27ch-60sec_1SEG.aac
$MP4Box -fps 14.99 -add 27ch-60sec_1SEG.264 -new 27ch-60sec_1SEG.mp4
$MP4Box -add 27ch-60sec_1SEG.aac 27ch-60sec_1SEG.mp4

ファイルはできたがiPhoneストリーミング、QuickTime Playerでは音がでない、iTunesでは認識しない、Firefox QTプラグインでは表示できない、Safariでは音がでない。VLC、mplayerでは再生可能なファイルとなった。

というわけで音声だけAAC再トラコンすることにした。

$mplayer 27ch-60sec.m2t -vc null -vo null -ao pcm:file=27ch-60sec.wav:fast
$neroAacEnc -br 128000 -if 27ch-60sec.wav -of 27ch-60sec.aac
$mencoder -nosound -ovc copy -o 27ch-60sec_1SEG.264 27ch-60sec_1SEG.m2t -of rawvideo
$MP4Box -fps 14.99 -add 27ch-60sec_1SEG.264 -new 27ch-60sec_1SEG.mp4
$MP4Box -add 27ch-60sec.aac 27ch-60sec_1SEG.mp4

これはiPhoneでも音が出て、iTunesでも認識して、期待通り動いた感じ。
しかも映像はそのまま使ってるのでかなり高速に作成できる。
これならMP4に高画質必要としてないひとはATOM機が使えてよさそう。
というわけで今後検証を重ねてfoltiaに追加していこうかと。

いまんところ1分のファイルでしか試してないけどなんか音と映像の尺がずれてるような気がするのが唯一気になるところ。

しかし、ワンセグをライブストリーミングできればロケフリいらないのになー。
調査を進めて行きたいものですな。

tssplitter_lite

Posted on 2009/12/09 (水) 11:52
Filed Under foltia, 技術 | Leave a Comment | TrackBack | ̃Gg͂ĂȃubN}[Nɒlj Share on Tumblr

先日の「foltiaHDインストール1:PT2を使えるようにする編」のコメント欄tssplitter_liteというプログラムを教えて頂いた。
これにより、いままでwine経由でtssplitter.exeを使って分離していたBS1/BS2の分離処理が高速に安定して実行出来るようになりそうだ!

少し試してみたところ、tss.pyとは機能が異なるようで、使い分けるのが良さそうだろうか。

機能まとめ

BS1/BS2分離 HD,1SEGストリーム分離・抽出 HDストリーム抽出(データ放送・ワンセグを捨ててスリム化)
tssplitter.exe  
tss.py    
tssplitter_lite  

MyHatenaBookmark

Recently


Categories


Archives


Wish list

宗子さんのほしい物リスト2015/5-
Pages (150): « 1 2 3 4 5 6 [7] 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... Last »