« | アニメオブジイヤ2019 »

今日のErgoDoxなどの日記

Posted on 2020/12/16 (水) 20:43
Filed Under 日記 | | TrackBack | このエントリをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ErgoDoxと薙刀式を使い続けて1年以上が過ぎたが、まだそれまで何十年も使い続けてきた旧JISかなの入力速度には届いてないなあ、という最近。
旧JISかなはだいたい182文字(未変換、かな)/minくらい打てていたが、今はまだその2/3くらいの速度。

そして1年ぶりくらいにErgoDoxのLayer2のNキーに英数だと]かなだと」になるキーを足した。ちょうどHと組み合わせて「」となるように。

→ソースのダウンロードはいつもの「Ergodox EZ Configurator Sorshi 20201216
Layer1のテンキーモードにも0を足したけど、普段は物理テンキーつないでてあんまり使ってはいない。
ErgoDox Layer1
過去記事:「最近のErgoDox日記 :宗子時空

そして最近の配置。

机の上のトラックパッドとキーボードとマウスはApple純正のやつ。キーボードはモニタの脚を避けるためにそのへんにあった納豆の空き容器を台替わりにして載せた。いちいちキーボードスライダーからErgoDox出さなくてもいいようなささいな操作用。
右においてあるテンキーはアキバで安売りしてたジャンク品。敷いてあるダンボールは段差調節用。
テンキーとキーボードの奥に隠れてるのは右手首が痛くなって操作が辛くなった時用の縦型マウス。常用にはストロークがデカすぎたので使ってない。
ErgoDoxはFとJのキーキャップのレタリングが剥がれてきたのでレーザー刻印のキーキャップにテグス貼ってホームポジションわかるようにしたやつに交換した。
撮影用にどかしたけど普段はErgoDoxの間や机の上には紙類が散乱してる。ノートとかメモとか資料とか。

見えないところに右足用1ボタンフットスイッチ ルートアールRI-FP1BKがある。
うちは左矢印キーを割り当てて、主に電子書籍ページめくり用。この製品はキーコードのアサインにWindows上での専用ソフトが必要だった。
とゆーよーなことを、「【自キ】フットペダルスイッチ、何に使う?: 大岡俊彦の作品置き場」を読んで思った。

おまけ
二酸化炭素濃度を測りたくて測定器をこうた。
Amazonでも売ってたけど半額ぐらいのAliExpressで。
人がいても二酸化炭素濃度が低ければ換気ができてるよね、という理屈の。
参考:「「寒くても換気を」 寒冷な場面でのコロナ対策のポイント - Impress Watch
バッテリ内蔵で気軽に持ち運べる。
ちょいちょい外に出る機会があったときに何箇所かで測定してみたけど、いろんな施設で換気頑張ってるんだなとゆーことが確認できて満足。

Comments

Leave a Comment

TrackBack URI :http://www.dcc-jpl.com/diary/2020/12/16/ergodox/trackback/

Name

Email

ウェブサイト

コメント

MyHatenaBookmark

Recently


Categories


Archives


Wish list

宗子さんのほしい物リスト2015/5-