« | ★★ 変ゼミ #1 「不偏論者たちから見た世界の事象に関する考察」 »

SandyBridge Core i7 2600Kで720Pトラコンの速度を測ってみた

Posted on 2011/04/20 (水) 2:07
Filed Under foltia | | TrackBack | このエントリをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

SadyBridge intel Core i7 2600K 3.4GHzのマシンでfoltia 720Pへのトラコン速度を測ってみた。

前回「8CoreでfoltiaのMP4変換速度を測った」で計測した時は、SunFire X4600 M2 DualCoreOpteron 8220 2.8GHz x4というマシンで30分アニメの映像のH.264の変換が27分32秒であった。
今回は同一ソースではないので厳密な比較にはならないが、Core i7 2600Kでは21分08秒で完了した。測定条件は前回と近いけど、CentOS 5.5 32bit版、4GB RAMの構成。ffmpegや変換パラメータは同一。

AMD Opteron 8220 2.8GHz x4(8コア) intel Core i7(4コア)
27:32 21:08

早い!

参考までに、SandyBridge世代のCPUが内蔵するハードウェアH.264エンコーダQuick Sync Videoでトラコンするとx264に比べて倍以上の速度がでているようだ。
【清水理史の「イニシャルB」】 第425回:保存した動画をスマートフォン向けに自動変換~Sandy Bridgeで作る高効率サーバー -INTERNET Watch
【元麻布春男の週刊PCホットライン】 デスクトップ用Sandy Bridgeを検証する

気掛かりなのはQuick Sync Videoを使えるエンコーダが市販品しかないことで、これはintelとNDA契約結ばないと使えないのだろうかね?という点。それともintel Media SDKのライセンスでx264には使えないのだろうか?
オープンソースのエンコーダが出せないのだったら大変残念なところ。

Comments

Leave a Comment

TrackBack URI :http://www.dcc-jpl.com/diary/2011/04/20/corei72600k/trackback/

Name

Email

ウェブサイト

コメント

MyHatenaBookmark

Recently


Categories


Archives


Amazon


宗子書房

Wish list

Error! There was a problem building your wish list, please try again later.