« | ★★ FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 #7 「前触れ」 »

NECのWiMAXモバイルルータAterm WM3500Rを買った

Posted on 2010/11/26 (金) 20:59
Filed Under レビュー | | TrackBack | このエントリをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

バッテリが最大8時間持つことが売りのWiMAXモバイルルータの新機種、NEC Aterm WM3500Rを買った。
参考リンク:「8時間使えるモバイルWiMAXルーター「AtermWM3500R」 - ケータイ Watch
ヨドバシカメラで、ワイヤレスゲート Wi-Fi+WiMAXの定額プラン(利用期間縛りなし)に加入して本体は4,800円。
30日以内に解約すると2,100円の手数料が発生するけど、それでも今のUQ契約に端末追加した方がよい人も大勢いるかも。白ロムなんで解約後はどこと再契約しても自由な模様。

早速セットアップしていろいろ試してみた。
goo スピードテスト」でMacBookProを使いWiMAXアンテナ2本立っている状態での表示は4.6Mbpsの表示であった。

foltiaからcurl -vでファイルをダウンロードしながら表示読みをしたら平均354KB/sec(=2832kbps)であった。おんなじ条件でFOMAのWILLCOM 3G SIM入りb-mobileモバイルルータで接続したときは147KB/sec(=1176kbps)

次に、山手線の大崎→新宿あたりの区間に乗車しながらiPhoneでfoltiaの720Pムービーのストリーミング再生を行ってみた。これは大体1.5Mbpsくらいの平均ビットレートのファイル。電波は2-3本立ってることが多いようだった。
しかし、安定してデータ受信が行えないのか、再生にダウンロードが追いつかず、頻繁に停止してしまいスムーズな視聴をすることは出来なかった。

そしてやはり電車の中でVoIPの試験ということでiPhoneとソフトフォンのMedia5-foneでAsteriskのエコーテストをしてみた。エコーテストとはマイクに入った音がAsteriskで折り返してそのままスピーカーから聞こえてきて、遅延とか音質とかをチェックするためによく使うような機能。
これは思ったより高品質で、3GにVoIP流すのに比べてだいぶよいように感じた。

最後に静止しているところでiPhoneでfoltia 720Pのストリーミングを試したけど、やはり途切れ途切れ。転送速度と帯域幅は問題なさそうなのに何が起きているのか?

というわけで、しばらくは電波の届くところではUQ、届かないところではFOMAのモバイルルータを使っていく計画。

日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R プラチナブラック PA-WM3500R(AT)B
日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R プラチナブラック PA-WM3500R(AT)B

発売:NEC
発売日:2010-11-30
定価:オープンプライス
ASIN:B004BVQUDK


Comments

Leave a Comment

TrackBack URI :http://www.dcc-jpl.com/diary/2010/11/26/wm3500r/trackback/

Name

Email

ウェブサイト

コメント

MyHatenaBookmark

Recently


Categories


Archives


Amazon


宗子書房

Wish list

Error! There was a problem building your wish list, please try again later.