« | ★★★ 咲-Saki- #12 「目醒め」 »

スピーカーとアンプ新調

Posted on 2009/06/22 (月) 19:51
Filed Under レビュー, 日記 | | TrackBack | このエントリをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

いままで使っていたスピーカー、BOSE 301 AVMの修理の案内が新しくなっていた。
301-AV MONITOR (301AVM) 無償点検・修理のご案内 | 重要なお知らせ | Bose ボーズ
前々から無償修理の案内は出てたんだけど、今回見たら現行製品のBOSE 301 Vに無償交換可能になってたし、交換してもらうことにした。
スピーカーケーブルもDENON AK-2000に交換。

BOSE 301V スピーカーシステム
BOSE 301V スピーカーシステム

発売:BOSE
発売日:
定価:¥ 63,000
ASIN:B00016AYUO


ついでに、片チャンネルのガタが来ていたKENWOOD製SOTECブランドのRD-VH7PCアンプも交換することにした。
最初は試聴もせずにネットの評判でTOPPING TP10-MARK3を買ってみたところ今一感が残った。
参考にしたネットの評判的なところ:「TOPPING TP-10 MARK-Ⅱ
音楽之友社 stereo 2004年3月号 に掲載されたブラインドテストの結果
TA2020搭載アンプ ZEROつぎに似たような構成でアンプチップがTA2024からTA2020に変わったメーカー不明ZEROというのを買ってみた。
TA2020の方が若干力のある音な感じがした。

そんな折、偶然街を歩いていたら試聴コーナーを展開していたKOI Tigerという耳慣れない製品がかなり衝撃的な音を鳴らしていた。

KOI Tiger パワースピーカーシステム
KOI Tiger パワースピーカーシステム

発売:KOI
発売日:
定価:オープンプライス
ASIN:B001BYBFGW


かなり欲しいー、と思ったけど値段は27万円だった。
タイムドメインのYoshii9とかB&Wの805Sとかいろいろ聞きくらべたくなる価格帯。

いろいろ欲しくなりますなぁ。

Comments

Leave a Comment

TrackBack URI :http://www.dcc-jpl.com/diary/2009/06/22/bose301v/trackback/

Name

Email

ウェブサイト

コメント

MyHatenaBookmark

Recently


Categories


Archives


Amazon


宗子書房

Wish list

Error! There was a problem building your wish list, please try again later.